【豚大学】ららぽーとTOKYO BAY店でこってり甘辛豚バラ丼を堪能! | CHOICE
PR
スポンサーリンク

【豚大学】ららぽーとTOKYO BAY店でこってり甘辛豚バラ丼を堪能!

ららぽーとTOKYO BAYに新しくできたフードコート内に出店している「豚大学」でランチしてきました。

 

 

2023年3月にオープンしたばかりの豚大学ららぽーとTOKYO BAY店。いま、ららぽーとTOKYO BAYは大規模リニューアル工事を行っていて、フードコートも以前の場所から移転をしてお店も一新。

気になっていた「豚大学」の豚丼に初挑戦です。

 

スポンサーリンク

豚大学「豚丼」

腹ぺこでおなかグーグーの時に行けばなおよかったのですが、この日はちょっと控えめに行きたかったので・・・豚丼は今度にしようか迷いつつ目の前をてっかてかの豚バラがぎっしり敷き詰められた大きな丼を運ぶ人が通るもんだから、我慢できない。

なので「小サイズ」を注文しました。

調子がよければ中サイズは行きたかった!(中サイズで牛丼並みの1.5倍くらいあるそう)

ちなみに目の前を通った大きな丼ぶりは、豚丼(大学院)というデカ盛りサイズだったと思います!丼からはみ出た豚バラ肉は圧巻で、ものすごく見た目のインパクトがありました。

 

小なのに、小に見えない!この迫力の豚丼。いや実際目の前にするとやっぱり丼ぶりは小ぶりなのですが、しっかり豚バラ肉も敷き詰められていて、タレの香ばしい香りが食欲を刺激します。

ご飯にもしっかりたれが染み込んでいますね~。

創業時から継ぎ足しているタレを注文が入ってからまたつけて焼き、さらにまたつけて焼きを繰り返すことでしっかりとお肉に味をつけているそう。

 

スポンサーリンク

気になるお味は

強めの火力で炙って香ばしさを出しているという豚バラ肉は、焦げ目もついてカリッとしている部分とジューシーな食感でとってもおいしいです。甘めのたれがしっかり染み込んでいて、たまらないおいしさ。

そのお肉の旨みをまとったたれが染み込んだ白飯も最高。しっかり下のほうにもたれが染みていたのでたっぷりかけてあるのがうれしいですね。

上に塩味がついた菜っ葉(漬物かな?)がのっているのですが、欲をいえばこれもう少し量が欲しかった!こってり豚バラ丼の途中でこの菜っ葉がさっぱりしてとってもいい感じでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

初めて豚大学の豚丼を食べてみましたが、ジューシーな豚バラに濃いめの甘辛だれがしっかり染み込んで、大きな口でご飯と一緒にほおばるともう最高!次回は調子をととのえて中サイズ以上のものにチャレンジしてみたいと思います。

気になるかたはぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

【商品情報】
商品名:豚丼(小)
店舗:豚大学ららぽーとTOKYO BAY店
価格:600円



この記事を書いた人
舞

『CHOICE』編集長。北海道生まれの3児の母。数々のWEBメディアでライターとして活動、雑誌掲載やテレビ出演も多数。趣味はラーメン食べ歩き。特技はバレーボール。おいしい&たのしいグルメ情報を発信していきます!

舞をフォローする
グルメ
スポンサーリンク
舞をフォローする
スポンサーリンク
CHOICE

コメント